« 東京モーターショー2005 | トップページ | とりあえず音声付で取り込めるようになった »

うーむ。ビデオは面倒だね。

ビデオiPodに自分で手持ちのファイルからビデオを取り込もうと試してるのですがなかなか上手く行きません。

まずはQuickTimeProのライセンスキーをAppleStoreで購入。
これでQTにエクスポートメニューが使えるようになり、出力形式を「ムービーから iPod(320 × 240)」を選択して出力。 なんだ簡単じゃんと思ったら、、、音声が付いてきていません。変換できたのは無音の画像だけ。

色々検索してみると、原因はここに記述されてる仕様上の理由。

 *QuickTime は、 これらのフォーマットで複数レイヤーのイメージの読み込みをサポートしていますが、複数レイヤーはフラット化されて 1 つのトラックに読み込まれます。

で、対策としては、映像と音声を分離して変換、で、合成すりゃいいらしい。 って方法論は分かりますが具体的にどんなツールを使ってどうすりゃいいんでしょうねえ。一遍に出来ないものか。

とりあえずちょっと手をつけたレベルなので、も少しやってみますが。

ちなみに検索してたらマイクロソフトの古川氏が自身のブログ24日付けのエントリでご苦心の様子を書かれているのが見つかりました。 こんな方まで苦労してるとは。。

|

« 東京モーターショー2005 | トップページ | とりあえず音声付で取り込めるようになった »

コメント

iPod のビデオ、面白いですよね。
ffmpegX を使って変換しています。出力するビデオの解像度は、自動だとうまく設定されないようです。手動で設定すれば大丈夫。
http://homepage.mac.com/major4/

手持ちのビデオファイルはみんな変換してしまいました。iTunes に登録するだけでもディスクの肥やしから脱出できそう。

mpeg-2 を変換すると音が消えてしまうのはなぜでしょうね?ハリウッドやTVに遠慮しているのかと邪推してしまいます(^^)

投稿: taknom | 2005/10/30 10:51

やはりそうなんだ、、
私はもう自力で解決するのをあきらめました。
IPOD VIDEOコミュでも結構話題になっているので、他力本願寺モードで、誰かが簡単に変換する方法を解りやすく解説してくれるのを待つ事にします(汗

しかし、マックというかアップル製品使い始めてから、どっかのソフトをダウンロードして、こうしてああしてこうするとこれが出来るっていう状況が全く苦手になってしまったなぁ

投稿: 9 | 2005/10/30 15:25

ウインドウズなら、いろいろ苦労しないと何もできませんが、マックだとスマートに解決できるのが当然ですからね。ウインドウズレベルのところに戻れと言われても、なかなかできない(^^)。

ffmpegX で XDVI に変換し、QTで再生できるようにしてから QT Pro で iPod 用に変換しています。

あ、あと ffmpegX はファイル名の扱いに厳しいので、昔のDOSのように空白なしのパス名にする必要があります。デスクトップで作業するのが確実かも。

投稿: taknom | 2005/10/30 16:42

>taknomさん
情報ありがとうございます。
私の場合は現状HDD上の映像ソースが殆ど無いのですが、増えてきたら音楽と一緒でiTuneで管理というのは良さそうですね。

>9さん
taknomさんの情報のffmpegX使ってみては?

私は暫定解決したのですがそれは別エントリで。

投稿: ivanov | 2005/10/30 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27173/6746849

この記事へのトラックバック一覧です: うーむ。ビデオは面倒だね。:

» とりあえずiPod(5th Generation)を使ってみた [ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版)]
 第五世代、一般的にはビデオiPodと呼ばれる今回の製品を入手した。発売から3日 [続きを読む]

受信: 2005/11/01 22:27

« 東京モーターショー2005 | トップページ | とりあえず音声付で取り込めるようになった »