« サンプラーのアカイプロフェッショナルエムアイが破産手続きへ | トップページ | Deep Purple 紙ジャケ »

そろそろ寿命の近づいているCD盤

 what's my scene? ver.7.0 さんのところで取上げられてた話題。

気になってCD棚を漁ってみた。
多分うちで一番古い盤はこれ
CIMG1421  「Baby Baby (山下久美子)」 85年盤

サムネイルじゃ分からないのでクリックして元画像見てください。
小さい穴がぽつぽつ空いております。

今のうちにと直ぐにiTuneでHDDに取り込んだのは言うまでもありません(笑)

|

« サンプラーのアカイプロフェッショナルエムアイが破産手続きへ | トップページ | Deep Purple 紙ジャケ »

コメント

うちで1番古いのは84年の岩崎宏美ですが大丈夫でした。一体何年ぶりに聞いたのやら。。。(笑)でも、チョキョンファのベートーベンのバイオリン協奏曲のCDは死にました。

投稿: ゆおりん。 | 2005/12/13 05:35

やっぱり、確実に古いCDのうちのいくつかはダメになっていってますね。そのうち社会問題化するのは確実で、その時には、また某社とかがいじめられるのかもしれないですねぇ…。

投稿: wms | 2005/12/13 06:11

>ゆおりんさん
私も山下久美子聴いたの10年以上ぶりです(笑)
WAVでそのままHDDに取り込んでおく事も考えましたが正直この辺りは圧縮でも良いかなと。

>wmsさん
そこまで思い入れのあるユーザーがどれだけいるかですけどね。
PC不要!セットするだけでリッピング!HDDラジカセ なんてのが流行るかも(笑)

投稿: ivanov | 2005/12/13 07:55

古いCDの場合、このようなメッキピンホールは
多数有りますねー

自分のところにも初期のCDが何枚か有りますが
国内モノ(CBS-SONY 35DP24 最近妙な所から
話題になってしまったE.L.O.ですが)は健在です。
'83プレス(型番の通り当時は¥3,500でした)。

その前後に購入した輸入盤の中にはレーベル面が
崩壊(融けてべちょべちょ)になったものも有ります。
また、友人には(保管に気を付けていたのに)カビが
生えて再生不能になったという例もあります。
(メッキとポリカーボネードの間に生えた)

これらはピンホール(からの湿気や胞子の侵入)が
原因と思われます。逐次リマスタ盤等に買い換えて
は居ますが、次期メディアも今ひとつハッキリせず
散財の日々です・・・(同じCD何枚あるんだか)

以上、通りすがりでした。

投稿: 通りすがり | 2005/12/14 20:33

>通りすがりさん

保管に相当気を遣っても駄目になってしまうものが出てくるのですね。
一度古めのを全部チェックしてみます。
コメントありがとうございました。

投稿: ivanov | 2005/12/15 07:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27173/7594120

この記事へのトラックバック一覧です: そろそろ寿命の近づいているCD盤:

« サンプラーのアカイプロフェッショナルエムアイが破産手続きへ | トップページ | Deep Purple 紙ジャケ »