« そろそろ寿命の近づいているCD盤 | トップページ | 切磋琢磨 »

Deep Purple 紙ジャケ

半分個人的なメモです。

CD Journal の12月8日のNewsから。

2期の6枚が2月22日に紙ジャケで再発売。

ディープ・パープル・アンド・ロイヤル・フィルハーモニック・ オーケストラ(紙ジャケット仕様) 
イン・ロック(紙ジャケット仕様) 
ファイアボール(紙ジャケット仕様) 
マシン・ヘッド(紙ジャケット仕様) 
ライヴ・イン・ジャパン(紙ジャケット仕様) 
紫の肖像(紙ジャケット仕様)

実はこの中でCDで持ってるのはライブインジャパンのみなのでありました。
(ていうかLPで持ってるのもライブインジャパンだけなのだが。。)
これを機に揃えようかなあ。

3月22日には3期(以降も?)も発売するらしい。

|

« そろそろ寿命の近づいているCD盤 | トップページ | 切磋琢磨 »

コメント

オレの場合、パープルは「Smoke On The Water」のシングル盤しか持ってないです(笑)。

で、中学の頃、ライブ盤を友達の家でいつも聞かせてもらっていたのだけど、ある日マシンヘッドを初めて聞いたら、ものすごくショボイ感じに聞こえてビックリした思い出があるなぁ。

投稿: ぐ | 2005/12/17 02:07

シングル盤ですが。それはすごい(笑)

HR,HMジャンルでスタジオ盤がライブ音源との落差大きくしょぼく聴こえるというのは良くありますよね。
(演奏や唄の技量的な問題で逆の例もまた多くありますが)

パープルの場合はそういう意味だとライブ音源を集めたほうが楽しいのだけど、例によって紙ジャケに惹かれています(笑)

結局”モノ”に惹かれるおいらにダウンロード販売は似合わないかも。(実際2ヶ月くらいiTMSで買ってないなあ)

投稿: ivanov | 2005/12/17 09:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27173/7655175

この記事へのトラックバック一覧です: Deep Purple 紙ジャケ:

« そろそろ寿命の近づいているCD盤 | トップページ | 切磋琢磨 »